競馬の開催が続いてコロナが収束することを願います。

愛知杯 日経新春杯 京成杯予想 ハンデ戦と定量戦を考える

NO IMAGE

年末のGⅠはよく当たった。
そして年が明けて金杯からさっぱり当たらない。

なぜか?
考えた。

自作の収支表を見ていてふと気づいた。

ハンデ戦 的中率0%
定量戦 的中率80%

レース種別券種単勝複勝ワイド馬連馬単三連複3連単合計
 レース頭数購入配当収支購入配当収支購入配当収支購入配当収支購入配当収支購入配当収支購入配当収支 
T阪神JF33000-300300620320300164013403000-3006000-6003000-3006000-600-440
T朝日杯FS33000-300300130-1703000-3003000-3006000-6003000-3006000-600-2570
TホープフルS33000-3003004601603008605603000-3006000-6003000-3006000-600-1380
T阪神カップ33000-3003000-3003000-3003000-3006000-6003000-3006000-600-2700
T有馬記念8800250-55080010602602800514023402800103307530560011360576028007370457033600501501655036460
H中山金杯22000-2002000-2001000-1001000-1002000-2001000-100000-900
H京都金杯22000-2002000-2001000-1001000-1002000-2001000-100000-900
Hシンザン記念22000-2002000-2001000-1001000-1002000-2001000-100000-900
H愛知杯3300 -300300 -300300 -300300 -300600 -600300 -300600 -600-2700
H日経新春杯2200 -200200 -200100 -100100 -100200 -200100 -1000 0-900
T京成杯2200 -200200 -200100 -100100 -100200 -200100 -1000 0-900

当たるのは定量戦

JRAのハンデキャッパーが各馬の斤量調整をしているハンデ戦は
いわば、混戦になることが約束されているレースだ。

対して定量戦は、馬の能力にかかわらず性齢で斤量が決まっている。

当然ながら定量戦の方が能力差がそのままレース結果に反映されることが多いはずだ。

今週の定量戦重賞は?

それならば定量戦だけを買っていけばよいはずだ。

今週は重賞としては京成杯だけが定量戦になる。

勝負は京成杯だ。

愛知杯 予想

とはいえ、データは撮り続けねばなるまい。

ハンデ戦だがいつも通り予想はやってみる。

ドナウデルタ
センテュリオ
ランブリングアレー
ここまでが本命候補

シゲルピンクダイヤ
マジックキャッスル
この2頭がヒモだ。

買い方はレース直前まで考える。

日経新春杯 予想

本命候補
アドマイヤビルゴ
クラージュゲリエ

相手候補
サトノソルタス
ミスマンマミーア
レクセランス

勝負の京成杯予想

本命候補
タイムトゥヘブン
ディクテイター

相手候補
ヴァイスメテオール
エイカイファントム
プラチナトレジャー

さて、今週も楽しみだ。